シーズンオフに拾ったものは

シーズンオフ、そして年末となると、横浜DeNAベイスターズと、FA、契約更改にメジャー挑戦といった話題になりますね。

FAや契約更改はそんなに気になりませんし、メジャー挑戦も一昔前みたいなインパクトは無くなりましたね。もちろん、行った後での活躍には期待しますが「行くだけ」で大騒ぎすることはないのでしょうね。
でも、ダルビッシュ投手の動向には注目しちゃいますよね。何といっても、私はダルビッシュ投手からヒットを放ってますし(笑)

野茂投手のときは、野球界のみならず、日本中大騒ぎでしたからね。それを思うと、日米の実力差は(日本のトップレベルの選手に限れば)近づいているのかなと。
そして、横浜DeNAベイスターズです。ざっと調べましたが、正式名称がアルファベットのチームって見当たらないので、今回が初めてですかね。
サッカーだと、FCとかACとかありますが、野球だとちょっと新鮮です。

そんな中、あるものを拾いました。まあ、拾ったというよりは、保護したのです。野良の子猫がスーパーの軒先で弱りきっていて、これをほっとく訳には……と。

病院に連れて行って、元気になったら里親でも探そうかなと思ったのですが(家にはウサギがいるんですよ)、家の者がその日のうちにゲージや猫グッズを大量に買い込んでくるし、いつの間に名前は付いてると言う事で、なし崩し的に結局家族の一員となりました。

名前は「つき」眼が黄色いのと、月蝕の次の日に保護したから。運よく拾われたツキもありますし。なかなか悪くない名前ですよね。

と、思っていました

家の者が言うには猫だから「憑いて」るんじゃない?
だから、「つき」
どうしてそんな名前を付けちゃうのでしょうか。そのセンスには驚愕です。

この「つき」がみんなの9389をご利用の皆様に「ツキ」を、そして我が家に宝くじの1等3億円をもたらしてくれる事を祈っています(笑)

憑いてるほうが来ちゃうかもって? 皆さん、野球の魅力に取りつかれているのですから、大丈夫ですよ♪

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。