複数のスポーツを楽しむのは難しい?

みんなの9389をご利用の皆様は、メインで楽しんでいるスポーツは野球やソフトボールだと思いますが、他のスポーツも楽しんでるよ~という方も多いのではないでしょうか。

そうやって、複数のスポーツを楽しむことで、新たな発見などもあるかと思います。しかし、成長過程の世代では何か一筋に打ち込まなければならない。といった先入観が日本にはありますよね。

野球を続けるなら、サッカーは辞めなければならないとか、どっちを選ぶんだ!などと選択を迫られることも多々あります。
プロ選手になりたいとか、オリンピックに出たいというレベルであれば、それも致し方ないのかなと思うのですが、一般の学校部活レベルであれば、複数のスポーツを楽しんだりしてもいいと思うのですよね。

アメリカでは……もちろん、「ここは日本だから」というご意見もありますが、メジャーリーグのドラフトにかかる選手が、同じようにNFLのドラフトにかかることもあるなど、複数のスポーツで目覚しい成績をあげる選手も多々います。

もちろん、ある一定のレベルに達する選手の殆どは、どこかのタイミングで種目を絞りますが、ジュニアの段階では複数のスポーツを行うのが当然で、そこから自分にあった競技に専念するというケースが多いです。

しかし、日本では小学校の3年生くらいでスポーツ少年団などに入ると、もうその競技のみになってしまうケースが多いのですよね。

できれば、小学生のうちはたくさんのスポーツに触れさせて、そこから自分が生涯付き合っていけるスポーツを見つけてくれればなと思います。
どうしても、野球好きですから、子供にも野球を。と思ってしまいますから、そこは難しいのですけれどね(笑)

有名な話ですが、スーパーカートリオの高木豊選手の息子さんは3人ともサッカー選手で、既に2人がプロ(長男が清水エスパルス、次男がオランダのFCユトレヒト)で、もうひとりも、東京ヴェルディユースに所属しています。

逆のパターンでは、横浜FCの三浦知良選手の息子さんは野球をやっているそうです。(KING KAZUの息子なのに、野球なんだ!って驚きました)
そういう例もあるからこそ、小さい頃は色々なスポーツを楽しんで欲しい。それに尽きるということですかね。そして、それが可能な環境を与えてあげるのが親や社会の役割なのでしょう。

みんなの9389を利用して野球やソフトボールなど、スポーツを楽しんでいる皆さんなら、そんな事は既に承知かもしれませんね。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。