10億円の契約金って

ジャイアンツの6選手が、入団時に既定の額を超える契約金を受け取っていた!!!

と、朝日新聞でニュースになっていましたが……まあ、なんというか。。。皆、知っていましたよね(笑)

もちろん、ルール破りはドラフトを形骸化させますし、ベイスターズの投手がやはり契約金5億円だった!と問題になったときには、ライオンズもアマチュア選手への金銭供与を認めるなど、球界を揺るがす問題に発展しましたよね。そして、その時にはきっぱりとウチ(巨人)ではそういう事は一切ないと言っていましたけどね。

さらにジャイアンツ側の反論もお粗末なもので「最高標準額はあくまでも目安だった、問題は無い」
そうですか、その理論を認めるとしても、当時の発表では「基準最高額の契約金1億円、出来高5000万円」と、自ら発表していたのにね。なんで隠してたのでしょうかね。

しかし、一番頭にくるのは「そして今、球界挙げて震災復興を支援しようとしているなかで、十数年前のことを蒸し返すのはいかがなものか」

この発言ですよ!!震災関係ないですし。震災を盾に逃げようって、厚顔無恥もここまでくると感心してしまいます。

我がカープにはそんな問題は無いと信じています。え?そもそもそんなに出せるお金がある球団じゃないだろうって?
そこは言わないのが大人の優しさってものではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。