続々とメジャーデビュー

今シーズンから海を渡った3選手が、次々とデビューしています。
まずは青木。6日(日本時間7日)の開幕戦、チャンスに代打で登場も三振……それでも、8日(日本時間9日)のカージナルス戦では初ヒット!
そして川崎は7日(日本時間8日)に9番ショートで出場。1安打1打点と上々のスタート。

そうなると、ダルビッシュにも期待が集まったのですが、なんと6回途中8安打5失点。。。勝利投手にこそなりましたが、想像していたのとは落差がありましたね。

5失点もするダルビッシュって想像できませんでした。ただ、勝ち星がついたのはラッキーです。これからフィットしていけば、もっと活躍してくれるのではと思います。

これまでメジャーの舞台に立った選手は全部で何人いるか知っていますか?
なんと47人。正直、そんなにいるイメージないですよね。

どの選手も活躍……まあ、正直そうでもなかった選手もいますが、みなさんの心に残っている選手、活躍したなあって選手はどの選手ですか?

私はやはり野茂です。メジャー挑戦のパイオニアですし、本当に凄かった。それも、僅か数年の活躍ではなく、本当に長くメジャーで活躍しましたからねえ。2度もノーヒットノーラン達成しているのですよ!!

野手ではイチローでも松井でもなく、田口です。
当時の日本人選手が「気候の良い」「日本人が多い(住みやすい)」地区を選ぶ中、(日本人にとっては、住みにくい)中西部のカージナルスへ乗り込んで、マイナーそれも2Aまで体験しながら、チャンピオンリングを2つ獲得しています。
今シーズンは肩の手術をしたために、無所属でリハビリに励んでいるそうですが、絶対に復帰できると信じています。

スタッフには以前野球の記者を……って、何度か言いましたからもういいですね。
その彼がいうには、メジャー、アメリカでここまでチームに愛され、ファンに愛された日本人選手はいないですよ。との事。
イチローや松井(秀喜)も好かれていましたけど、彼らを嫌っているファンも正直います。だけど、田口を嫌いだというファンの話を聞いたことがない。との事。

もちろん、それはシアトルやニューヨークに比べるとセントルイスという街の特性もあるかもしれませんが、日本人の少ない中西部のチームに馴染んで、愛された田口は本当に凄いと思うのです。
今シーズンから海を渡った3選手には、田口のようになって欲しいと。

※昨年末、NHL、セントルイス・ブルースの試合を見ていた田口。試合中にスクリーンで紹介されると、スタンディングオベーションの嵐。セントルイスにいたのは、もう5年も前なのにですよ。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。