スポーツの年ですね!

開幕から1カ月。全チームとの対戦が終わり、ここからが本番と言えます。

皆様の応援しているチームの調子はどうですか?
我がカープは連敗→連勝→連敗と波に乗ったり、転げ落ちたりと忙しいです。
目先の1勝に一喜一憂はしません、シーズンが終わったときに頂点に立っていれば良いのですから。

さて、スポーツは野球だけではないですよね。今年はロンドンオリンピックです。
各競技、代表選手が決まってきて、オリンピックムードも少しずつ高まっています。

私が注目するのは……柔道です。昔、柔道をやっていたというのもありますからね。他には女子サッカー、ワールドカップに続いての優勝に期待がかかりますよね。
ワールドカップの時は、奇跡の勝利!みたいな感じでしたが、今では女王の風格を漂わせていますからね。自信と結果というのは本当に凄いです。

もちろん、メジャーな競技だけではなく、普段メディアに取り上げられることの無い競技が楽しめるのもオリンピックの醍醐味です。
本当はマイナーな競技なんて言い方しなくてすむ環境になれば良いのですが、なかなか難しい。だからこそ、ここで一発ドカンと注目を集めて欲しいです。

スポーツはその殆どが男女別で行われるのですが、それは体力や体格などの問題があるから当然なのですが、そんな中男女の区別なく行われるオリンピックの競技があるって知っていますか?

テニスとバドミントン?確かにミックスダブルスはありますが、基本は男女別ですよね。
セーリング? セーリングも種目によっては男女の区別がなかったりもしましたが、今回のロンドンでは完全に男女別になりました。まあ、区別が無いといっても、結局男子が圧倒的だったので、これは致し方ないですね。

さて、どの競技だと思いますか?
射撃。そう、そんなイメージありますよね。ボディコンタクトもないですし、男女の差が比較的表れにくい気がします。
しかし、これもまた男女別なのですよ。

答えは馬術。そんな競技あるの?などと言わないでください。
これが結構面白いのですよ。まあ、日本で放映されることはないでしょうが……
馬術は技術がものをいう競技ですので、男女も年齢も関係ないのです。
ロンドンオリンピックに出場する法華津選手は何と71歳。日本人最高齢記録なのはもちろん、オリンピック史上第2位の記録なのです。

ちなみに、この法華津選手、初めて出場したオリンピックは……東京オリンピック(驚愕)
凄いですね、私もこんなに元気な70代になりたいものです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。