うなぎ

学生の方は夏休みに入っている人も多いのではないでしょうか。
悲しいことに、日本では働きだすと長い休みなど殆どありませんから、今のうちに思う存分楽しんで貰いたいです。

さて、今日は土用の丑の日です。つまり、鰻を食べる日です。
何故、このように土用の丑の日=鰻になったのかは諸説ありますが、最も有名な説は、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため平賀源内の所に相談に行った。源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、物知りとして有名な源内の言うことなら、ということでその鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したとのこと。

これが本当なら、バレンタインデーやホワイトデー、クリスマスなどといったイベントに結び付けた商品販売マーケティングの先駆けですね。

最近では恵方巻が成功しましたね。恵方巻なんて子どもの頃は聞いたこと無かったのですが、コンビニ業界が手を出したらあっという間に広まり、定着しましたからね。
こういったマーケティング手法はそれが広まることで儲けたい人、仕掛け人がいるということですよね。

鰻屋はそのままですが、恵方巻きに関しては海苔問屋が中心になって広めて行ったというのは少し意外でした。
新海苔が出る前に、在庫の海苔を消費してしまいたい。ということだそうですが、そういった裏を知ってしまうと……ですよね。

ただ、新しく定着したものだけに、形が似ていれば何でもいいじゃないか、という雰囲気になって色々なタイプの恵方巻き(のようなもの)が出ていますから、最初の思惑はどこへいった?という感じですかね。
まあ、商売熱心というか、節操がないというか(笑)
すぐ、饅頭を発売してしまう日本人気質ここにあり!ですね。

さすがに鰻に関しては、「う」がつく。ということで、うどんを食べよう!という宣伝も一時期盛んにやっていましたが、さすがにこれだけ長い間土用の丑の日=鰻で定着してしまうと、なかなか難しいようですね。
ただ、今年は鰻が非常に高価です。国産鰻どころか、アジア産も数が少なく、遂にアフリカのマダガスカルから輸入するそうです。
どうしても鰻だ!の思いに応える商社マンは凄いですね。

香川の人は「うどんでいいじゃん」って思っているはずですよ(笑)

さて、みなさんは鰻、食べますか?

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。