企業とスポーツの関係

サッカーJFLのSAGAWA・SHIGA(佐川急便)は昨年も優勝、今季も現在3位という強豪チームなのですが今期限りでの退会を申し出ました。

簡単に言ってしまえば、不景気で企業がスポーツチームを抱えきれなくなった。ということになります。

野球でも実業団チームが次々に姿を消しましたし、バファローズ・ブルーウェーブの合併も企業がチームを支えられなくなった結果です。
そして今シーズン限りで、パナソニックはバスケットボール、バトミントンを休部。名門のエスビー食品陸上部も廃部となりました。

しかし、エスビー食品は業績が悪化しているわけではありません。堅調といっていい状態です。しかし、それでも陸上部を切りました。それは「スポーツチームを持つ意味」がもう無いという判断です。

企業がスポーツチームを持つ理由として挙げられるのは「宣伝効果」「福利厚生」の2本柱です。
しかし、エスビー食品にとって陸上部は宣伝効果がかつてほどではない。それは陸上部の成績ではなく、会社の名前が既に世間一般に浸透しているからです。
そして福利厚生、こちらは社内の雰囲気や一体感をもたらす為とされていますが、SB食品のような大企業になると、一スポーツ部の活躍云々はもはや関係ないということです。

企業とスポーツの関係性は大きく変化していきます。
これまでは「資金難」による休廃部でしたが、これからは「存在意義」を問われていくということになります。

一方、「脱企業」チームも苦しい状況です。
完全なクラブチーム、市民チームでは大金が必要となるレベルの高い活動は不可能です。
ヨーロッパのサッカーや、MLBでは個人的道楽や社会的名誉の為にチームを個人資産で丸抱えしているケースがありますが、日本ではそんなチームは殆どなく、あえて挙げるならサッカーのヴィッセル神戸が該当するでしょうか。

そうなると結局、スポンサー契約などで企業と手を結ぶ必要が出てきます。
しかし、一企業が丸抱えしていた時よりもシビアになります。人気が出なければスポンサー契約を切られてしまう。チーム丸抱えの時よりも判断は早く、冷酷になるでしょう。

それでも個人的に「企業丸抱え」のチームは姿を消していくと思います。個人競技の選手であれば企業所属はあるでしょうが、一企業が単体で支えるのは難しくなっていくかと思います。

この問題、良い解決策はどこにあるのでしょうかね。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。