メジャー挑戦!!

多くの日本人選手がメジャーリーグで活躍しているので、メジャーへ行くのも以前のように「メジャーに挑戦!」というチャレンジャー的なものではなく、現実的な選択肢の一つになっています。

しかし、久々に楽しみな選手が現れました。
花巻東高校の大谷投手、ドラフトでも注目の的でしたが、選んだ結果はアメリカ球団への入団。

契約がまとまれば(間違いなく大丈夫でしょう)高校生が直接アメリカの球団と契約を結ぶのは初めてのケースになります。

過去には社会人から日本のドラフトを拒否してレッドソックスに入団した田沢投手がいます。その時に慌てたNPBが脅しともとれるような、日本のドラフト指名を拒否して海外球団にプロ入りした選手は帰国後、高校生で3年間、大学・社会人で2年間ドラフト対象から外れる(日本球界に入れない)「制裁措置」が作られたのですが、海外流出の歯止めにはならなかったようです。

高校生が現実的な選択肢としてメジャーを選んでいく中、日本球界の反応は「もっと制裁措置期間を長くしろ」や「日本球界に育ててもらった恩を云々」と、はっきり言ってみっともないです。

またサッカーと比べてしまうのはアレですが、野球の場合は「海外流出」、サッカーの場合は「海外進出」これがすべてを表しているのかなと思います。

有力な選手が日本球界を経ず、直接海を渡るようになれば国内の空洞化が進む。このように懸念されているようですが、それはまた別の問題かなと。

残念なことですが、この先NPBはメジャーへの登竜門的な位置づけになるか、マイナーリーグになるかだと思います。
しかし、そうなると人気がなくなったり、魅力がなくなるのでしょうか?

アメリカにはマイナーチームや独立リーグのチームも合わせると500チームほどのプロ野球チームがあります。
規模はそれぞれですが、皆地元のファンに支えられ、愛されています。日本でも同じことができるはずだと思います。
最終的なゴールがメジャーリーグだとしても、日本のチームを応援しない理由にはならないと思うのですよね。

個人的には今回の挑戦、大いに歓迎します!頑張れ!!大谷!!!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。